教室

通信制高校から大学進学について

勉強嫌いで小学校中学校合わせてほとんど勉強してなく


勉強が大っ嫌いだったので、小学校中学校合わせてほとんど勉強しませんでした。 その結果として、高校受験で全日制高校の試験で不合格を連発して、2次試験も全滅したため、無試験で入学できる通信制高校に入学しました。 通信制高校に入学した後に、このまま4年間で高卒の資格をとったとしても、就職でロクな会社には入れないよと、頭がおかしくなるほど毎日説教されました。 何とか大学でリベンジしようと思って、入試しする方法をネットで調べました。 このまま、方法はいくつかあって、このまま4年間通って高卒の資格をとって入試に入学する方法と、高等学校卒業程度認定試験に合格して3年後に入試する方法を見つけました。 中学校に通っていた同級生に負けたくないので、高等学校卒業程度認定試験を受ける事に決めて勉強を始めました。 2年で受かって残り1年を入試の勉強を行う事が、いい大学に入る近道という文章を読んだので、2年間で受かるために高等学校卒業程度認定試験対策の予備校を見つけて通いました。 勉強して1年目の試験を受けた時には、自分の得意な教科では合格点を取れましたが、数学などの不得意教科では思ったような結果が出ずに不合格になりました。


通信制高校 大学進学
未来高等学園